書家・筆じめっせい字屋 芭弥汰句(ハヤタク)

言葉の力、アートの力で人の心を変えていきたい。心のスイッチを入れる言霊筆で綴ります。

不平不満は外に求めるもの、幸せは内から出すもの【僕が筆じめっせぃ字屋になったワケ 其の三】

time 2017/05/30

 

誰かの会話だったり、SNSの投稿を見ているといつも否定から入る人がいる。

 

かと思えば誰かの不満ばかり言っている人がいる。

 

SNSのニュースのコメント欄が否定的な話や攻撃的な話で埋め尽くされるなんてことも多い。

 

世の中や、他人や、家族や、自分の置かれた状況に不満は誰にだって少しはあるだろう。

 

私だって沢山ある。

 

そういうのを吐き出されているところを見たり聞いたりすると残念な気持ちにしかならない。

 

出してる人はそんなことは知ったことではないだろう。

 

そんなことを言っていても始まらないとは分かっているのかもしれない。

 

でも、それでは前に進めないのだ。

 

吐き出したものは少なからず自分の周りに同じベクトルで影響を与えていくものだから。

 

嫌なことや怒りは我慢せずに吐き出したほうがいいという人もいるが私はそうは思わない。

 

そういう人は否定する気は無いが少なくとも私には吐き出すことは悪影響しかない。

 

人の心は良いも悪いも増幅器。

 

だから心の向きを変えよう。

 

 

 

 

 

さて、そういう私も思春期の頃はいつも誰かや何かのせいにしていた。

 

自分がこんななのは生んだ親のせい、家庭環境のせい、こんな田舎に生まれてしまったから・・・。

 

小さなころに心の闇を背負ってしまった私はそれを振り払うように腐った心を育てていった。

 

しかし、生まれつきなのか育ちのせいか超内向的に育ってしまった私には外に向かってそれを発散するようなことにはならなかった。

 

俗にいう反抗期の小学終わりから中学生になりたての頃だろうか。そのころは、母親にだけは反抗心を出していた。たぶん唯一出せる存在だったのだろうと思う。私にとって反抗心を出せるところは母親と二階の壁だけだった。

 

中学に入ってから内向的なこともあり、イジメの標的になった。どんな感じでやられていたかは全く覚えていない。記憶なんてそんなものなのだろう。もしくは余りにも苦痛だったことは忘れてしまうようにできているのかもしれない。とにかく毎日学校に行くのが苦痛だった。でも、登校拒否なんて勇気は無かった。死んだら楽になるかなとも思っていた。モチロン死ぬ勇気も無かった。

 

それでも嫌で嫌でしょうがない毎日を解決する方法を見つけた。

 

そのころ私は内向的だったけど、外に出さないすぐキレる子供になっていた。

 

外に対する攻撃的になれる自分のことは分かっていた。心の壁を取り払えばできると思った。

 

やってやろう。そう思った。

 

しかし、その頃の私は今からは想像がつかないヒョロヒョロで骨と皮だけの体力がなく運動が苦手な子供だった。運動は好きだったのにとにかく力が無かったので上手く体が動かせ無かったのを覚えている。小学生の時に雲梯のテストがあり、片手を離した途端に落ちて顔と手が傷だらけになったことがある。中学生になってから別な友達からコンニャクと言われていたこともある。いつも鏡を入ると胸にアバラ骨が浮いて見えるのが嫌だった。当然、反抗して喧嘩なんかしても勝てそうも無かった。

 

何か学校に武器を持っていこうとも本気で考えていた。

 

でも、結局それはしないうちに、やられている時に頭の中で何かがキレた。

 

殴りかかっていた。でも、ボコボコにされた。

 

あれからしばらくは顔面が試合後のボクサーのような状態で学校に行っていたと記憶している。

 

でも、それ以降やられることは無かった。

 

その時、良くも悪くも少しづつ色んな心のスイッチが入ったと思う。

 

心の向きを変えた一つの出来事だったと思う。

 

とにかく、心も体も自分を変えたかった。でも、心の闇はナカナカ消えるものでは無い。

 

コンプレックスの塊の人間から抜け出すのに必死の少年時代だった。

 

 

 

 

その辺の話しは又、次回・・・。

 

 

 

 

 

中一の頃。今も交流がある人だけ顔出してます(笑

 

 

 

 

 

したっけの。

 

 

 

 

sponsored link

芭弥汰句

ハヤタク

ハヤタク

職業:書家、デザイナー、WEBプランナー
何だか元気の無い世の中になってませんか?大人たちは未来に悲観し、子供たちは夢を持てない。特に北海道にいるとそう感じざるを得ません。一人一人の気持ちが変われば世の中は少しづつ変わっていくと信じています。そのためにみんなの心のスイッチを入れたい!そんな思いで筆じめっせい字屋として活動しています。
書筆、筆ペンなどを使った絵も書いてます。
北海道内で各種イベントなどで書き下ろししてます。。
[詳細]

sponsored link

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ