書家・筆じめっせい字屋 芭弥汰句(ハヤタク)

言葉の力、アートの力で人の心を変えていきたい。心のスイッチを入れる言霊筆で綴ります。

言葉は言霊、心は入れた言葉でつくられる未来は出した言葉でつくられる

time 2017/11/22

 

最近の私のテーマです。

 

中村文昭さんのポッドキャストでちょっとだけ紹介されちゃいました。北海道の筆職人です。(笑

 

http://www.kurofunet.com/nakamura/podcast

 

第169回 2017-11-20更新 北海道の紡ぎ大学の紹介の中で出てきました。

 

 

少しですが嬉しいです。また、紹介してもらえるように頑張ります。

 

 

さて、言葉にもあるようにあなたの心は今まで生きてきた中で入れてきた言葉によってつくられました。

 

聞いた言葉、読んだ言葉、見た言葉、自ら繰り返し話した言葉

 

自分では無意識に否定的な言葉を浴びせられて育つとネガティブな人間になり、肯定的な言葉を浴びて育つとポジティブな人間になっていきます。

 

人は6歳くらいまでにそれまで浴びた言葉で大脳の中の大脳辺縁系という感情をつかさどる部分を成長させ潜在意識を構成させるそうです。

 

そしてその潜在意識と言われる無意識は人の意識のうちの95%にもなるといいます。

 

そこから人は顕在意識を使って少しづつ潜在意識を上書きしていきます。

 

否定的な幼少時代を過ごすとネガティブ思考の土壌が脳の中に形成されます。

 

ただ人はそこから意識と週間の力で自分を変えていくことができるのです。

 

だから自分は変われないと卑屈にならないでください。

 

どうやって自分を変えていくかというと、いい本を読んでください。心の大きな人からいい言葉を聞いてください。読んで聞いた言葉はメモって繰り返し自分に問いかけてください。

 

そして人に話してください。人に話すのが自分のモノにする一番の近道です。

 

人の思いは複雑ですが心の仕組みは実は単純です。

 

自分で自分を洗脳していい心をつくってください。

 

そして、心に入れた沢山のいい言葉を捏ね繰り回して自分の未来を想像してください。

 

あとは行動です。

 

そのために自分の想いを発信するのです。

 

誰かに話しましょう。人前に発表しましょう。SNSで発信しましょう。ブログに書きましょう。文章にしましょう。言葉を残しましょう。

 

出し続けるのです。

 

心を共鳴させてくれる人を探して言葉を出し続けるのです。

 

あなたの力が弱かったら、そんな人は簡単には見つかりません。

 

だから言葉を出し続けるのです。

 

必ず想いに共鳴してくれる人が現れます。

 

そんな人が一人、また一人と増えるほどあなたの未来はあなたの思うがままに形になっていくでしょう。

 

それが言葉が未来をつくっていくということです。

 

言葉にはそれだけの力があります。

 

 

 

 

 

 

 

したっけのー。

 

 

 

sponsored link

芭弥汰句

ハヤタク

ハヤタク

職業:書家、デザイナー、WEBプランナー
何だか元気の無い世の中になってませんか?大人たちは未来に悲観し、子供たちは夢を持てない。特に北海道にいるとそう感じざるを得ません。一人一人の気持ちが変われば世の中は少しづつ変わっていくと信じています。そのためにみんなの心のスイッチを入れたい!そんな思いで筆じめっせい字屋として活動しています。
書筆、筆ペンなどを使った絵も書いてます。
北海道内で各種イベントなどで書き下ろししてます。。
[詳細]

sponsored link

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ