書家・筆じめっせい字屋 芭弥汰句(ハヤタク)

言葉の力、アートの力で人の心を変えていきたい。心のスイッチを入れる言霊筆で綴ります。

どうせなら誰でもないあなたになれ

time 2018/01/17

 

50年前の新聞にこんな文章があったらしい

 

「最近の若い人たちは1から10まで教えないとついてきてくれない。これも教育ママに育てられてきたせいでしょうか」

 

僕らはファミコン世代だったし、今ならゆとり世代と言ったところか。

 

もっともっとはるか昔からいつの世もそんな風に若者たちを自分たちの枠にはめ、中高年は自分たちを正当化しようとしてきた。

 

でもそれは自分が枠からはみ出すことができなかった裏返しだろう。

 

自分らしさを主張できず、はみ出すことができず想いを残してきてしまった人たち。

 

そんな人たちが自分たちを正当化するために他の世代を標的にする。

 

みんな自分と違うところが羨ましいのだ。

 

だから、あなたがそれを言われる若者なら恐れることはない。

 

あなたがもしそう思ってしまった中高年なら自分らしさを思い出してほしい。

 

相手を枠にはめようとしていないか。

 

相手の枠にはまろうとしていないか。

 

もし枠にハマらなきゃならないとしても隙間からはみ出るところを大切にしよう。

 

きっとそれがあなたの一番の魅力だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

したっけの

 

 

 

 

 

 

 

 

sponsored link

芭弥汰句

ハヤタク

ハヤタク

職業:書家、デザイナー、WEBプランナー
何だか元気の無い世の中になってませんか?大人たちは未来に悲観し、子供たちは夢を持てない。特に北海道にいるとそう感じざるを得ません。一人一人の気持ちが変われば世の中は少しづつ変わっていくと信じています。そのためにみんなの心のスイッチを入れたい!そんな思いで筆じめっせい字屋として活動しています。
書筆、筆ペンなどを使った絵も書いてます。
北海道内で各種イベントなどで書き下ろししてます。。
[詳細]

sponsored link

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ