書家・筆じめっせい字屋 芭弥汰句(ハヤタク)

言葉の力、アートの力で人の心を変えていきたい。心のスイッチを入れる言霊筆で綴ります。

天開稲荷神社からの奥の院~福岡県太宰府市宰府

time 2018/07/18

大宰府天満宮に行きさっさとお参りを終わりまして、ふらふらっと広い境内を見て歩いていたんです。

由緒ある古い建物なんかがあってナカナカの見応え。

でも、意外と観光客の姿はほぼいませんでした。

でも、博物館があるのは見ていましたので何となく奥の方へ。

緑の素晴らしいところです。

平日の午前中ということもあるのでしょうが、中のほうは観光客がほとんどいなかったです。

するとですね。

こんなところを見つけたんです。

山の中へ道が伸びているのですが、これは行かねばならないと思いました。

かなり登りました。

ナカナカ着きません。

ちょっとした山登りです。

ひざはガクガク。

この日は前日までの雨が嘘のように快晴。

今考えるとたぶん雨降っていたら来ていなかったでしょう。

そして、気温30度オーバー。

滝汗をかきながら息も上がりゼイゼイいいながら一気に登りました。

途中は頭が真っ白でした。

呼ばれているような気がしました。

どれくらい登ったのでしょう。

そして、辿り着いたのがココ。

ココだ。

太宰府に行きたかった理由はココでした。

僕が山道からは沢山ある鳥居の途中から横入りするようです。

帰りは正式な道を通って下山しましたので。

鳥居ごとに軽く頭を下げつつ通っていきます。

膝のガクガクがさらに悪化しながら辿り着きました。

天開稲荷神社本殿。

お参りし左側を見るとさらに登る鳥居がありました。

もちろん登ります。

頂上にあったのが奥の院でした。

ココに呼ばれチカラいただきました。

天への道が開ける神様だそうです。

未来への約束と感謝を伝え下山しました。

 

帰りは正規のルートで、次はこちらから上がることにします。

 

 

滝汗が止まらないので降りたところにあった茶屋へ。

梅ヶ枝餅美味しかったーー。

また、必ず訪れたいと思います。

報告にね。

したっけのー

sponsored link

芭弥汰句

ハヤタク

ハヤタク

職業:書家、デザイナー、WEBプランナー
何だか元気の無い世の中になってませんか?大人たちは未来に悲観し、子供たちは夢を持てない。特に北海道にいるとそう感じざるを得ません。一人一人の気持ちが変われば世の中は少しづつ変わっていくと信じています。そのためにみんなの心のスイッチを入れたい!そんな思いで筆じめっせい字屋として活動しています。
書筆、筆ペンなどを使った絵も書いてます。
北海道内で各種イベントなどで書き下ろししてます。。
[詳細]

sponsored link

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ