書家・筆じめっせい字屋 芭弥汰句(ハヤタク)

言葉の力、アートの力で人の心を変えていきたい。心のスイッチを入れる言霊筆で綴ります。

肩書は鉄の鎧

time 2018/10/31

娘が進学校の高校に行っていて、なまじかな気持ちでノリでPTAなんかやってるので進学の話がよく聞こえてくる。

特に秋になると受験生は大詰めらしく色んなことが忙しいようだ。

ウチの教育方針としては進学校に行ってるくせに大学がどうのこうのにコダワリが無く、好きなようにしようというスタンスだ。

もちろんお金の問題があるので子供は出来る範囲で最善のことを考えているようだ。

まあ、僕としては大学なんて行かなくても別にいいし、就職だって急ぐことは無いと思っている。

それよりもやりたいことを如何に未来に実現するか、今をどれだけ充実した楽しいものにするかの方がよほど口は出す。

これからの話、日本が世界がどう進んでいくかなんて分からないのだ。

それほど世の中は変化している。

それなのに大人の思考が古いままのせいで子供が洗脳されてしまっていることが問題だと思っている。

そのために進学校の子供たちはよりいい大学、よりいい就職先を探して四苦八苦しているようだ。

明確にそうなりたいというものがあるのなら努力すべきだけど、ネームバリューだけでそこを目指す行為が愚かにしか思えない。

そこに行って無駄に自慢できる肩書を手に入れたところで自分に合わなければ自らを縛り付ける重りになってしまうことだろう。

そのことに気づかず、もしくは分かっていても上を目指させる空気感は、勝ち負けの気持ちが生まれ、差別意識を生み結果不幸な人を生み出す。

学校がこうでは日本ではまだしばらく引きこもり、ニート、うつ病、自殺の問題が減っていくのはだだ先だろうなと思う。

肩書きは自分を守る鎧にしかならない、世の中を立ち回るための武器になるのは人間力だから。

 

 

 

 

 

したっけのー

 

 

 

sponsored link

芭弥汰句

ハヤタク

ハヤタク

職業:書家、デザイナー、WEBプランナー
何だか元気の無い世の中になってませんか?大人たちは未来に悲観し、子供たちは夢を持てない。特に北海道にいるとそう感じざるを得ません。一人一人の気持ちが変われば世の中は少しづつ変わっていくと信じています。そのためにみんなの心のスイッチを入れたい!そんな思いで筆じめっせい字屋として活動しています。
書筆、筆ペンなどを使った絵も書いてます。
北海道内で各種イベントなどで書き下ろししてます。。
[詳細]

sponsored link

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ