書家・筆じめっせい字屋 芭弥汰句(ハヤタク)

言葉の力、アートの力で人の心を変えていきたい。心のスイッチを入れる言霊筆で綴ります。

靖国神社「靖國八千代食堂」知覧の母トメさんの玉子丼

time 2019/10/18

消しゴムの役割の一つは間違いを消すこと。

もう一つの大事な役割は間違っても消せるという安心感を持てること。

いらない過去は消してしまえ。

ダメだったらやり直せばいいんだ。

鹿児島の知覧にある富屋食堂。

そこで出される玉子丼は特別な玉子丼です。

大東亜戦争時に知覧から飛び立つ特攻隊。

彼らは飛び立ったら最後、帰ってくることは無い。

そんな彼らにとって最後の晩餐をした冨屋食堂で鳥濱トメさんが彼らに振る舞っていた玉子丼があるそうだ。

その玉子丼のレシピをトメさんの遺族から譲り受け、鹿児島の食材で再現した食堂が靖国神社外苑にオープンしたそうです。

東京に行く機会に合わせて行ってきました。

そばセットもある。

ということで

特攻隊員に想いを馳せながらいただきました。

なんと美味しくも悲しい

こんな気持ちで食べた食事は初めてかもしれません。

 

明日、死ななければならないことに比べたら自分の悩みなどたかが知れてる。

僕らはダメなら逃げられるんだ。

逃げ場がないなんて思い込みでしかない。

ダメでもいいじゃないか。

やり直すほどに上手くできるようになるものだ。

 

 

ちょうど祭事が行われていた。

靖国も150年。

日本のために散っていた者たちは今の日本をどう思っているのだろうか。

そろそろ日本にかかった洗脳を解かなければならない。

さあ、みんな出番だよ。

しったけのー

 

 

 

 

 

sponsored link

芭弥汰句

ハヤタク

ハヤタク

職業:書家、デザイナー、WEBプランナー
何だか元気の無い世の中になってませんか?大人たちは未来に悲観し、子供たちは夢を持てない。特に北海道にいるとそう感じざるを得ません。一人一人の気持ちが変われば世の中は少しづつ変わっていくと信じています。そのためにみんなの心のスイッチを入れたい!そんな思いで筆じめっせい字屋として活動しています。
書筆、筆ペンなどを使った絵も書いてます。
北海道内で各種イベントなどで書き下ろししてます。。
[詳細]

sponsored link

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ