書家・筆じめっせい字屋 芭弥汰句(ハヤタク)

言葉の力、アートの力で人の心を変えていきたい。心のスイッチを入れる言霊筆で綴ります。

「出世の石段」愛宕神社~東京都港区西新橋

time 2019/11/28

出世の階段で有名な東京の愛宕神社。

東京23区の自然の土地の中でもっとも標高が高いらしい。

まあ、でも大した高さではないけど。

寛永十一年に3代将軍徳川家光公が「あの山の上の梅を取ってまいれ」命じて馬で四国丸亀藩の平次郎という男が馬で駆け上がって取ってきたという「寛永三馬術」という講談に由来しているらしい。

仕事を一緒にさせていただいたりしている友人が改修に関わっていて、打ち合わせなどもあり複数回訪問。

結構、東京ではお気に入りの神社の一つです。

凄いのはやっぱり出世の階段。

脇から車で登ることもできますが足が悪いのでない限りココは登らないとね。

上から見ると凄いですね。

 

「出世の階段」のいわれ。

 

茶屋。由来の梅のカキ氷があります。

敷地内の弁財天。

 

新しくなった社務所。

裏にギャラリーなどもできる予定。

 

女坂。

ここを通る人は少ないのですが帰りは女坂を降りるのをおススメします。

何故かというと神道では、男性性は成長を表し、女性性は受容を表すから。

男坂は志しに向かって上に登っていくイメージ。

女坂は大地の恵みを受け取り広がっていくイメージ。

そんなイメージを持って行き来してみてくださいね。

特にココの男坂は階段が急なので、降りる時は女坂のほうが降りやすいというのもあります。

 

 

途中辛くなってその瞬間小さな悩みを忘れるでしょう。

そして、登った時に達成感。

そんな感覚が実が大切なのです。

 

 

 

 

 

したっけのー

 

 

 

 

sponsored link

日々のこと

芭弥汰句

ハヤタク

ハヤタク

職業:書家、デザイナー、WEBプランナー
何だか元気の無い世の中になってませんか?大人たちは未来に悲観し、子供たちは夢を持てない。特に北海道にいるとそう感じざるを得ません。一人一人の気持ちが変われば世の中は少しづつ変わっていくと信じています。そのためにみんなの心のスイッチを入れたい!そんな思いで筆じめっせい字屋として活動しています。
書筆、筆ペンなどを使った絵も書いてます。
北海道内で各種イベントなどで書き下ろししてます。。
[詳細]

sponsored link

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ